option戦略の概要
iTunesで見る      サポート
(iPhone用アプリ、App Storeのアプリ名: option戦略
「オプション戦略」は、日経225オプションのトレード戦略を練るときに役に立つシステムです。 IVスマイルカーブでIVの状態を確認し、ポジションに応じたリスク指標や、損益曲線、デルタ曲線、ガンマ曲線、セータ曲線、ベガ曲線を作図することで、損益をシュミレーションすることができます。

概要
  • トップメニュー
    IVスマイルカーブ、オプション指標、基本戦略、応用戦略、建玉、建玉合計のいずれかを選択します。IV前日比は、行使価格位置の前日比とATMを基準として並行移動した時の前日比の2種類があります。
  • IVスマイルカーブ
    直近の3限月分のIVスマイルカーブを作図と表出力を行います。当日は実線、前日は破線で表します。
  • オプションリスト
    オプション価格前日比、IV前日比、リスク指標の3種類の一覧表を表示します。
  • リスク指標計算
    1つのオプションのリスク指標(ギリシャ指標)を、原資産、残存日数、IVの値を変えて計算することができます。
  • 基本戦略・応用戦略
    基本戦略ではコンビネーション、バーチカルスプレッド、ホリゾンタルスプレッドなど、応用戦略では基本戦略をヘッジした各種のポジションを予め用意し、各ポジションのリスク指標や損益グラフなどを表示することができます。
  • 建玉
    複数の銘柄を並べてポジションを作成し、それを建玉として保存することができます。建玉ごとにリスク指標や損益グラフなどを表示することができます。銘柄の登録は、オプションを個別に選択して追加する方法と、基本戦略もしくは応用戦略から建玉に登録する方法があります。
  • 建玉合計
    建玉(最大60銘柄)は最大9種類登録できます。全ての建玉を合計した結果のリスク指標や損益グラフを表示することができます。
  • 建玉グラフ
    横軸を原資産変動位置、縦軸を損益(もしくはデルタ、ガンマ、シータ、ベガ)にしてグラフを描きます。また、原資産、残存日数を変更したり、IV増減値を指定して再計算することもできます。

    尚、Weeklyオプション、ナイトセッションは取り扱っていません。また、本アプリはいかなるデータも外部に送信することはありません。

スクリーンショット
    IVスマイルカーブ
    オプションリスト
    リスク指標計算

    建玉入力
    リスク指標
    損益曲線

バージョンアップ

■ Ver 4.3.1 (2020/02/18 リリース)
  • オプションリストにおいて、画面テール部に「IV前日比切替」スィッチを追加。[行使位置]と[ATMを基準]を切り替え可能にした。
  • 建玉グラフにおいて、当日IV急騰ラインと当日IV減少ラインの決め方を一部修正。
  • 親メニューより「リスク指標計算」を削除。(「リスク指標計算」はオプションリストから開くことができる)
  • 応用戦略メニューにカバードプット、カバードコールを追加。
  • 応用戦略メニューからバックヘッジ、ツリーヘッジを削除。
  • 初期設定より「株価急落時のIV増加」を削除して自動的に決定する方法に変更。
  • 応用戦略初期設定にカバードプット、カバードコールの項目を追加。
  • 表示および動作の微調整。
■ Ver 4.3 (2020/01/31 リリース)
  • IVスマイルカーブに前日ATMを当日ATM位置に合わせた「ATMを基準」のページを追加。
  • IVスマイルカーブ、建玉ページのグラフにおいて、グラフの拡大や左右移動位置を保持するように改良。
  • IVスマイルカーブ、建玉ページのグラフにおいて、作図の移動を元の原点位置に戻すボタンを追加。
  • 建玉グラフにおいて、IV減少ラインを決めるロジックを変更。
  • 建玉グラフにおいて、異限月間スプレッドのIV急騰ラインが一部崩れるバグを修正。
  • 表示の微調整。
■ Ver 4.2.4 (2020/01/16 リリース)
  • iPhoneSEなどの画面縦サイズが短いデバイスにおいて、アプリのヘッダー部やフッター部の高さが大きくなる状態を修正。
  • 表示の微調整。
■ Ver 4.2.3 (2020/01/14 リリース)
  • iPhoneSEなどの画面横幅方向のサイズが小さいデバイスにおいて、画面がはみ出したり崩れたりするバグを修正。
  • 表示および動作スピードの微調整。
■ Ver 4.2.2 (2019/12/31 リリース)
  • 建玉入力において「数量」ボタンを設置して数量欄を全て空にする機能を追加。"
  • IVスマイルカーブのATM IV、最小IVの表形式を変更しIV勾配を削除。また、IV一覧表は3ヶ月分のIVとIV前日比を表示する形式に変更。
  • オプションリストの形式を変え「価格、リスク指標」「IV、出来高、建玉」の2種類に変更。
  • IVスマイルカーブ、建玉でグラフの左移動、右移動のボタンを追加。
  • 表示および動作の微調整。
■ Ver 4.2.1 (2019/12/14 リリース)
  • 初期設定で建玉の「銘柄の並び(行使価格,Call-Put,優先度)」を選択できる機能を追加。"
  • 銘柄の並びは、Call/Put混在で行使価格順、Put/Call別で行使価格順および行使価格の昇順降順から選択可能。
  • 応用戦略の売買枚数、行使価格位置などを調整。
  • 表示および動作の微調整。
■ Ver 4.2 (2019/12/5 リリース)
  • 初期設定で「1年の日数(250日 or 365日)」を選択できる機能を追加。
  • 初期設定で「金利の取得方法(受信or 入力)」を選択できる機能を追加。
  • 初期設定で「金利入力項目の表示・非表示」を選択できる機能を追加。
  • 初期設定で「基本戦略名称の表記(日本語 or 英語)」を選択できる機能を追加。
  • ATMから250円超のITMオプションの価格を、1000円以下が5円刻み、1000円以上を10円刻みに変更。
  • 基本戦略のレシオスプレッドにおいて、受け取りプレミアムになるように売買枚数を調整。
  • 建玉合計において、建玉9が合計に含まれないバグを修正。
  • 表示および動作の微調整。